臨床心理士

お金

臨床心理士・公認心理師をしながら副業ライターでどこまで稼げるのか?

臨床心理士・公認心理師をしながら副業としてライターをしている筆者が、結局のところ月にどれくらいの時間を投じて、どれくらいの稼ぎを得ているのかを解説。実際に副業ライターを始める際の心構えもご紹介しています。
資格取得・学生生活

臨床心理士・公認心理師の大学院の選び方とは?

臨床心理士や公認心理師の大学院の選び方についてご質問をいただきました。私は大学院選びに関して「コスパ」という観点以上に、研究したい内容や教授との相性が優先されるべきだと考えており、この記事ではその理由についてまとめています。
働き方

公認心理師・臨床心理士は食えない?心理職の需要はこれからどうなるのかを解説

今回は公認心理師や臨床心理士などの心理職は食えないのか、そして心理職の需要は今後どうなるかについて質問をいただきました。私自身は心理職という専門家の需要は高まる一方、心理職という労働者の需要は低いままで、生き残るためには戦略が必要だと考えています。
スポンサーリンク
働き方

臨床心理士のカウンセリングの意味~「信頼」を積み上げる面倒くささ~

「言葉」は実は情報が少ないツールですが、手軽であるため効率化・合理性が求められる社会では重宝されます。しかし、信頼関係はもっと地道で面倒な作業が必要で、臨床心理士のカウンセリングのような特別な場でしか得られなくなりつつある…という話です。
働き方

【臨床心理士が語る】臨床心理士のやりがい・魅力とは?

臨床心理士は大変な面もありますが、やりがいや魅力も多い仕事です。この記事では実際に臨床心理士として働く筆者が、臨床心理士のやりがいと魅力を詳しく解説します。臨床心理士の仕事に興味があるけど「大変そう」と躊躇っている方はぜひ読んでみてください。
雑記

疲れない人間関係を築く「距離」の取り方【臨床心理士も実践中】

人間関係に疲れた経験はありませんか。臨床心理士として日々人と会い続ける私も人との関係に疲れたり、苦しく感じたりすることはあります。この記事では、それでも人から逃げずに向き合い続けられる臨床心理士ならではの距離の取り方をご紹介します。
働き方

話を聴くことの難しさ~臨床心理士はどうやって話を聴き、秘密を守っているのか~

私は臨床心理士など、心の支援をする人にとって、最も大事なことは「話を聴くこと」だと考えています この記事では、その理由と難しさについて解説します。 「話を聴くだけ」の専門性とは? 臨床心理士の専門性は「話を聴くこ...
働き方

臨床心理士が療育のお仕事を目指した理由と辞めた理由~専門性と平等性のはざまで~

療育とは、発達障害や知的障害などで、 ・コミュニケーション ・生活動作 ・集団参加 ・勉強面 ・運動面 などに苦手さがある子に対して、「こうすれば苦手を補えるかな?」「これならできるかも」を見つけて、伝...
働き方

「臨床心理士を辞めたい」と1000回以上思っているけど臨床心理士を続けている話

なぜ臨床心理士を辞めたいのか ストレスが大きいから 臨床心理士に限らず、対人援助職は人の心・身体・人生を支える責任の重い仕事です。 そのため、時にはその責任に押しつぶされそうになりますし、クライエントさん...
働き方

処遇カウンセラーとして再犯防止指導に関わっていた臨床心理士が見る性犯罪者

最近、こんなツイートを見ました。 このツイートには犯行までのLINEの文面のスクリーンショットもあって(現在は削除されている?)、それを見ていると言葉にならない黒いモヤモヤが心に浮かび上がってきて、つらくなってきました。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました