【第5話】超文系の臨床心理士が半泣きでブログ開設【All in one SEO Packの設定】

ブログの作り方

前回はプロフィールを作成し、「私のブログだよー!!」というアピールに成功しました。

また、第2話でプラグインのインストール・有効化まではお話ししましたね。

プラグインって何???

という方は、ぜひ第2話を読んでみてください。

今回は、第2話でご紹介した

Googleでブログを検索されやすくしてくれる「All in one SEO Pack」というプラグインの設定について解説します。

・Googleサーチコンソール

・Googleアナリティクス

もちょこちょこ顔を出し、いよいよGoogleへのアピールも熱を帯びてきますよ!

佐藤セイ
佐藤セイ
スポンサーリンク

ブログ開設の道のり11:All in one SEO Packの設定

一般設定

まずは、ダッシュボードの左端から「All in one SEO Pack」を選択し、「一般設定」をクリックしましょう。

この一般設定では

・「カノニカルURL」にチェック

・「デフォルトのタイトルを利用する」は「無効」にチェック

の2つをしておけばOKです。

ホームページ設定

ホームページ設定では、

・「ホームタイトル」に自分のサイトの名前

「ホームのディスクリプション」には、「このサイトはこんな内容ですよ~」という説明

を入力します。

「ホームのディスクリプション」の内容は、下のような感じで、サイト名が検索された時に表示されます!!

佐藤セイ
佐藤セイ

タイトル設定・コンテンツタイプ設定・表示設定

タイトル設定

「タイトル設定」は、何も触らず放置します。

コンテンツタイプ設定&表示設定

「コンテンツタイプ設定」と「表示設定」では、「投稿」と「固定ページ」の2つにチェックを入れておきます。

この2つの設定は、ざっくり言うと「Googleはどのページを見て、『このブログの質』と判断すればいいか」を示してしています。

そのため、何でもかんでもチェックすると、「なんだかいらない情報がいっぱいあるブログだなぁ」と悪い印象を持たれ、「このブログはあんまり役に立たないから、検索結果も下の方でいいや」と、せっかく作ったブログがネットの片隅に追いやられてしまうのです。

Noindex設定

コンテンツタイプ設定に関連している、Noindex設定を先に解説します!

Noindex設定は、下の方にスクロールしていくと見つかります。

さっきの「コンテンツタイプ設定」と逆で、Googleに対して「この内容は無視していいよ」と伝える設定です。

「NOINDEXをデフォルトにする」と「NOFOLLOWをデフォルトにする」の両方で、「コンテンツタイプ設定」とは逆に、投稿と固定ページ以外の全てをチェックしています。

また、下のチェックを入れているものの「これは無視していいよー」という内容を選んでいます。カテゴリーやタグは「こういう内容です」と示しており、無視してほしい訳ではないので、チェックを外しています。

「カテゴリーもタグも使わない!」という人は、全部チェックを入れてもいいかも。
人によって色々な考え方がある部分のようなので、とりあえず自分にピンとくる形で選ぶと良いと思われます。後で修正できるしね。

佐藤セイ
佐藤セイ

Schema Settings、詳細設定、キーワード設定は、私はノータッチです。

スポンサーリンク

ブログ開設の道のり12:ウェブマスター認証

1番上の「Google Search Console」の部分に、サーチコンソールのタグを埋め込みます。

サーチコンソールからタグを入手

サーチコンソールのタグを得るには、 まず、サーチコンソールにアクセスして「今すぐ開始」をクリックします。

すると、「Google Search Consoleへようこそ」というページが現れますので、「URLプレフィックス」に、自分のブログのURLを入力します。

「続行」を押すと「所有権の確認」というページが出現しますので、「HTMLタグ」をクリック。

下のようにメタタグが出現します。

タグをWordPressに貼り付け

このメタタグをコピーすると下のような感じ。(*の箇所は私が伏字にしています)

<meta name=”google-site-verification” content=”aCu8GlWIND*********” />

緑色にしたcontent=”○○“の部分だけを、先ほどのWordPressの「ウェブマスター認証」の「Google Search Console」の欄に貼り付けます。

サーチコンソールのページは閉じずに開いたまま、WordPressに戻りましょう。

この後、もう1回サーチコンソールに戻ります。

貼り付けたら、サーチコンソールに戻って「確認」をクリック。

所有権を自動確認しました」と表示が出れば完了です!

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス IDを入手

GoogleアナリティクスIDには、「UA-」で始まるコードを埋め込みます。

まずはGoogleアナリティクスにログインして、アカウントを作成しましょう。

下の4つのチェックはつけたままでOK!

佐藤セイ
佐藤セイ

次に何を対象としているかを選びます。

今回はブログなので「Webサイト」を選びましょう!

できたら「次へ」を押すと、今度はウェブサイトの情報を入力する画面が現れます。

・ウェブサイトの名前

・ウェブサイトのURL

・業種:ウェブサイトに最もぴったりなもの

・タイムゾーン:下の方に「日本」があるので、それを選べば大丈夫

の4つを入力しましょう。

利用規約のページが出てくるので、「同意」すると、トラッキングIDが表示されますので、これをWordPressに戻り、先ほどの「GoogleアナリティクスID」のところに貼り付けます。

その他の設定

また、「トラッキングからユーザーを除外する」は全てチェックします。

これは「Administrator(管理者)」や「Author(執筆者)」などが、ブログを確認した時にPVとしてカウントするかどうかということ。

PV増えると嬉しいですが、自分がアクセスして、PV稼ぐのってあんまり意味がありません…。ブログの今の状況を正しく判断するためにも、チェックを入れておきましょう。

まとめ

佐藤セイ
佐藤セイ

ここまでの頑張りをまとめてみましょう!

この記事では、

11.All in one SEO Packの基本設定

・一般設定

・ホームページ設定

・タイトル設定・コンテンツタイプ設定・表示設定

・Noindex設定

12.ウェブマスター認証

・サーチコンソールからタグを入手

・タグをWordPressに貼り付け

13.Googleアナリティクス

・Googleアナリティクス IDを入手

・その他の設定

までの手順を解説しました!

ブログを運営していく上で、Googleとの関係は避けられません!

なかなかややこしいですが、仲良くしていきたいものです。

佐藤セイ
佐藤セイ

第4話はこちら

第6話はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました